2014.06.27

W杯GL終了、オランダの10発が最多…ギリシャは2得点で決勝Tへ

ロッベン
オランダ攻撃陣をけん引するロッベン(左)とファン・ペルシー(右) [写真]=Getty Images

 ブラジル・ワールドカップは26日に大会15日目を終え、グループリーグの全日程を消化。今大会ではすでに48試合で136得点が生まれている。

 選手個人の得点ランキングでは、ドイツ代表FWトーマス・ミュラーとアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、ブラジル代表FWネイマールが3試合出場で4得点を挙げ、トップタイで並んでいる。

 一方、チームごとの得点数では、3試合で10得点を挙げたオランダがトップ。第1節のスペイン戦での5得点をはじめ、アルイェン・ロッベンとロビン・ファン・ペルシーを擁する攻撃陣がゴールラッシュを見せた。次いで、グループCで日本とも対戦したコロンビアが9得点で2位。3位はフランスで、8得点となっている。さらに、7得点を記録したのがブラジルとドイツ、スイスの3チームだった。

 成績と照らし合わせると、得点数が多いチームは軒並みグループリーグを突破している。例外は、6得点を挙げながら敗退が決まったクロアチアと、わずか2得点で決勝トーナメント進出を決めたギリシャ。最少はイランとホンジュラス、カメルーンで、3試合で1得点にとどまっている。なお、日本は今大会、3試合で2得点を記録した。

■ブラジル・ワールドカップ、チーム得点ランキング(◎印はグループリーグ突破チーム)

【10得点】
◎オランダ

【9得点】
◎コロンビア

【8得点】
◎フランス

【7得点】
◎ドイツ
◎ブラジル
◎スイス

【6得点】
◎アルゼンチン
◎アルジェリア
クロアチア※

【5得点】
◎チリ

【4得点】
◎メキシコ
◎コスタリカ
◎ベルギー
◎ウルグアイ
◎アメリカ
ボスニア・ヘルツェゴビナ
コートジボワール
ガーナ
スペイン
ポルトガル

【3得点】
◎ナイジェリア
エクアドル
韓国
オーストラリア

【2得点】
イタリア
ロシア
◎ギリシャ
イングランド
日本

【1得点】
イラン
ホンジュラス
カメルーン

欧州リーグ順位表

チェルシー
6pt
トッテナム
6pt
ボーンマス
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る