2014.06.27

ミュラーが今大会4点目、ドイツ3連勝でグループ首位通過

ミュラー
先制点を決めたミュラー [写真]=FIFA via Getty Images

 ブラジル・ワールドカップのグループリーグ第3節が26日に行われ、グループGではアメリカ代表とドイツ代表が対戦した。

 2試合を終えて1勝1分け、勝ち点4で並ぶ両チームの対戦。引き分ければともに決勝トーナメント進出が決まるが、勝敗がついた場合、敗れたチームはグループリーグ敗退となる可能性がある。アメリカは第2節のポルトガル戦から2選手を入れ替え。オマール・ゴンサレスとブラッド・デイヴィスが初先発となった。一方のドイツも、第2節のガーナ戦から2選手を変更。サミ・ケディラとマリオ・ゲッツェに代わって、バスティアン・シュヴァインシュタイガーとルーカス・ポドルスキが今大会初めて先発メンバーに名を連ねた。

 試合は序盤ドイツが支配するも、アメリカは徐々に盛り返し、22分にグラハム・ズシがゴール左45度の位置から右足でミドルシュートを放ったが、枠の上へ外れた。

 一方のドイツも35分、ペナルティエリア内右でメスト・エジルが左足のシュートで狙ったが、GKティム・ハワードの正面だった。前半はスコアレスで終える。

 ハーフタイムにドイツ代表はルーカス・ポドルスキに代えてミロスラフ・クローゼを投入する。

 迎えた55分、ドイツは右CKを得ると、ペア・メルテザッカーがヘディングで合わせると、GKハワードが好反応で弾く。しかし、こぼれ球をペナルティエリアやや外左から、トーマス・ミュラーがゴール右へミドルシュートを決め、ドイツが先制点を獲得する。ミュラーは得点ランキングトップタイとなる今大会4点目。

 試合はその後、両チームとも選手交代をしつつ、時間が経過。ペースも徐々に低下していき、終了のホイッスルとなった。ドイツが1-0で勝利している。

 グループ3連勝のドイツは首位で通過。敗れたアメリカも同時刻開催のポルトガル対ガーナで2-1と勝利したポルトガルと勝ち点で並んだが、得失点差で上回り、2位で通過となった。

【スコア】
アメリカ 0-1 ドイツ

【得点者】
0-1 55分 トーマス・ミュラー(ドイツ)

欧州リーグ順位表

トッテナム
6pt
ボーンマス
6pt
エヴァートン
4pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る