FOLLOW US

コスタリカがドロー、D組首位通過…イングランドは未勝利で敗退

コスタリカとイングランドは両者譲らずドロー [写真]=The FA via Getty Images

 ブラジル・ワールドカップのグループリーグ第3節が24日に行われ、グループDではコスタリカ代表とイングランド代表が対戦した。

 2連勝で決勝トーナメント進出を決めているコスタリカと、2連敗でグループリーグ敗退が決定しているイングランド。対照的な両チームの一戦では、コスタリカは前節から2選手を変更した。一方、既にグループリーグ敗退が決まっているイングランドは、スティーヴン・ジェラードやウェイン・ルーニーらが先発を外れ、フランク・ランパードやジャック・ウィルシャーがスタメンに。前節から9選手を入れ替えて最終戦に臨んだ。

 引き分け以上でグループ首位通過が決まるコスタリカは開始早々の2分、ジョエル・キャンベルがペナルティーエリアの手前から思い切りよく左足を振り抜くと、ミドルシュートは枠のわずか外へ逸れた。コスタリカは出足の早いプレスでセカンドボールを拾い、攻勢をかけていく。

 イングランドの最初のチャンスは12分、ペナルティーエリア手前でウィルシャーのパスを受けたダニエル・スタリッジが左足シュートを放ったが、枠のわずかに右へ外れた。18分にも、右サイドからのスローインにうまく反応し、ボールをバウンドさせたまま反転して前を向くと、ミドルレンジから左足を振り抜いたが、枠の上へ外れた。

 22分には、ペナルティーエリア手前やや右側で得たFKをコスタリカのセルソ・ボルヘスが直接狙ったが、イングランドGKベン・フォスターがファインセーブで弾き出した。一方のイングランドも27分、左サイドのジェームズ・ミルナーが上げたクロスを中央で折り返し、スタリッジがペナルティーエリア内でトラップすると、相手と交錯して倒れたものの、笛は鳴らなかった。イングランドは30分頃からボールポゼッション率を高めたが、決定機を作ることはできず。前半はスコアレスで終了した。

 両チームともにハーフタイムでの選手交代は行わず、後半を迎えた。48分には、ペナルティーエリアの外からルーク・ショーが放ったミドルシュートのこぼれ球にスタリッジが反応。チャンスを迎えたが、GKケイラー・ナバスが飛び出して、シュートを許さなかった。

 試合は次第に激しさを増し、53分にロス・バークリー、56分にアダム・ララーナにイエローカードが提示された。58分には、スルーパスに反応したララーナが最終ラインの背後を取ったが、左サイドからのグラウンダーのクロスはGKナバスにキャッチされた。

 コスタリカは59分にクリスティアン・ボラーニョスを投入し、攻撃陣のテコ入れを図る。イングランドも62分にラヒーム・スターリングをピッチへ送り出した。イングランドは64分、ペナルティーエリア手前、右側からスタリッジがワンツーで突破。最終ラインの背後を取り、左足で狙いすましたシュートを放ったが、枠のわずかに左へ外れた。

 拮抗した展開が続くと、73分にイングランドはスティーヴン・ジェラードを投入。ジェラードはランパードからキャプテンマークを手渡された。さらに76分にはルーニーもピッチに送り出された。79分、ルーニーはペナルティーエリア手前から意表を突いたループシュート。枠を捉えたが、GKナバスが弾き出した。

 最後まで均衡は破られず、試合は0-0のまま終了。勝ち点1を分け合う結果に終わった。

 コスタリカは勝ち点を7に伸ばし、2勝1分けでグループDの通過が決まった。29日の決勝トーナメント1回戦では、グループCの2位通過チームと対戦する。一方のイングランドは1分け2敗で、勝利を挙げられずに大会を去ることとなった。

【スコア】
コスタリカ 0-0 イングランド

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA