2014.06.20

伊代表指揮官がコスタリカ代表を警戒「GLで最も恐れる試合」

会見に臨んだブランデッリ監督 [写真]=Getty Images

 イタリア代表のチェーザレ・ブランデッリ監督が19日、コスタリカ代表との対戦を控え、公式会見に臨んだ。

 ブランデッリ監督は、グループリーグ第2節で相見えるコスタリカ代表について、「彼らはシステムを頭に焼き付けてプレーしている」とし、「とても組織されたチームであることが分かった」とコメント。3-1の逆転勝利を収めたウルグアイ代表戦でのパフォーマンスは「勝利に値するものだった」と語った上で、以下のように分析している。

「前線にはクオリティーの高い3人を擁している。1対1に勝つ術を持ち、敵陣深くまで攻撃を仕掛けられる力を備えているね。グループリーグの中で最も恐れる試合だよ」

 また、ウルグアイ代表戦での活躍により、注目を集めているコスタリカ代表FWジョエル・キャンベルについては、「興味深い選手だ。ペナルティエリア外からゴールを狙うことができ、ファーストタッチで危険な状況を作れる」と語り、警戒を強めた。

 イタリア代表はグループリーグ第1節でイングランド代表と対戦し、2-1で勝利。同じく、初戦でウルグアイ代表を相手に勝利を挙げたコスタリカと、20日に行われる第2節で対戦する。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
6pt
リヴァプール
6pt
チェルシー
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
3pt
バルセロナ
3pt
レバンテ
3pt
欧州順位をもっと見る
アタランタ
3pt
エンポリ
3pt
ユヴェントス
3pt
欧州順位をもっと見る