2014.06.19

スペイン代表S・ラモス、GL敗退決定も「サイクルの終焉ではない」

S・ラモス
18日のチリ戦に敗戦しGL敗退となり、愕然とするスペイン代表S・ラモス [写真]=Getty Images

 ブラジル・ワールドカップのグループリーグ第2節が18日に行われ、グループBではスペイン代表がチリ代表に0-2で敗れた。前大会王者のスペイン代表が連敗により、3戦目を待たずにしてグループリーグ敗退が決まった。レアル・マドリードに所属する同代表DFセルヒオ・ラモスが、試合後にコメントを残した。スペイン紙『マルカ』が伝えている。

 S・ラモスは、2連敗でのグループリーグ敗退も、次へ活かし、また強いスペイン代表を見せることができる時が来ると自信を持って語った。

「負けることを知らなければいらない。それにふさわしくしなければいけない。だから僕たちは厳しい時も結束しなければいけないんだ。今日が完結ではない。僕たちはとても美しい将来が目の前に広がっているよ」

 スペイン代表のリーダーのひとりでもあるS・ラモスはサポーターに向けて次のようにコメントした。

「言い訳を言うのは敗北者だ。僕たちに失望した全てのスペイン人に謝りたい。これがサイクルの終焉だとは思わないよ。全てのチームメートを信頼している」

 また、スペイン代表と指揮官への愛着を以下のように話した。

「代表が勝てなくなった時も今は顔を上げることができる。ここ数年間で、スペイン代表はリスペクトに値するチームとなった」

「ビセンテ・デル・ボスケは僕らの尊敬に値する。彼は決断したいようにすればいい。僕らはその決断を尊重するよ」

 23日に行われるグループリーグ最終節のオーストラリア戦が、スペイン代表にとって今大会の最終戦となる。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
16pt
ホッフェンハイム
14pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
18pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る