2014.06.17

アルゼンチン代表指揮官、前半の出来に不満も初戦の勝利に安堵

サベーラ
初戦の勝利に安堵したサベーラ監督 [写真]=FIFA via Getty Images

 アルゼンチン代表を率いるアレハンドロ・サベーラ監督が、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表戦での勝利に安堵した。アルゼンチンのスポーツ紙『Ole!』が伝えている。

 ボスニア・ヘルツェゴビナ代表戦における前半、アルゼンチン代表のパフォーマンスは思わしいものではなかった。サベーラ監督はその点を認めた上で、次のように説明した。

「選手のパフォーマンスに対する是非はあって然るべきで、批判があるのは当然だ。だが、私は初戦で勝てたことを素直に評価している。失点シーンは反省しなければならないが、課題と改善策は明確になっているから問題ない」

 アルゼンチン代表は前半の45分において攻守が機能せず、相手に押し込まれる時間帯もあった。そこについて質問が及ぶと、同監督は以下のように反論している。

「前半と後半でパフォーマンスが違っていたことは否定しない。前半はボールこそ支配していたが、攻撃に深みがなかった。反面、(ゴンサロ)イグアインと(フェルナンド)ガゴを投入した後半は、自分たちのサッカーができたと自負している。決して悪い試合ではなかったと捉えているよ」

(記事/Cartao Amarelo)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る