2014.06.12

ドイツ代表守護神は順調に回復…GKコーチは控えにも絶大な信頼

ノイアー
GK練習をするヴァイデンフェラー、ノイアー、ツィーラー(左から) [写真]=Getty Images

 ドイツ代表がブラジル入りしてから4日が経過した。これまで23人のメンバーは特に問題もなく、順調にトレーニングを積んでいる。負傷の回復具合が心配されていた守護神マヌエル・ノイアーも初日からキーパー練習を再開。ヨアヒム・レーヴ監督も胸を撫で下ろしていることだろう。

 11日、90年代にドイツ代表として3度のワールドカップに出場し、現在は同代表のGKコーチを務めるアンドレアス・ケプケ氏が現在の状況を語った。ドイツサッカー連盟公式ホームページが伝えている。

「マヌエルは順調だよ。我々は意図的にリスクを避けるようにしていた。例えば先月末の合宿を休ませたり、6日のアルメニア戦に出場させなかったりね。マヌエルの状態をいつも必ず(医療スタッフ長の)ハンス・ヴィルヘルム・ミュラー・ヴォールファールト医師から受けていた。彼は今や完全に負荷をかけられる状態だ」

 また同GKコーチは、第2GKと目されているロマン・ヴァイデンフェラーにも絶大な信頼を寄せており、ロン・ロベルト・ツィーラーを含むGK陣の雰囲気についても言及した。

「我々はリスクを取らない。もしマヌエルが100%の状態でなければ、彼がプレーすることはない。もちろんロマンの出場に何のためらいもないよ。彼はトップレベルの選手で、いつもトレーニングで素晴らしい動きを見せている。ロマンはチーム状況を分かっているしね。(ツィーラーも含めた)3人の雰囲気は素晴らしいよ。ロマンは自らこう言ってきたんだ。『GK同士で争うことになんの意味もない』ってね。彼らは毎日お互いのことを尊重しながら、最大限の力を出すことだけに集中している」

 最後にケプケは、自身も選手として出場し、優勝を勝ち取った1990年イタリア・ワールドカップついて語った。

「このような大会では、チームスピリットを持った者達だけがうまくいくんだ。ピッチに立てるのは11人だけ。スーパースターでもエゴを消さなければならない。90年当時のドイツ代表(当時は西ドイツ代表)には、それこそ世界トップクラスの選手達が名を連ねていた。もし彼らがエゴイストのままだったら、我々は決してタイトルに恵まれなかったはずだ」

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング