FOLLOW US

途中出場のビジャが2得点の活躍…スペインがエルサルバドルに快勝

2ゴールの活躍を見せて勝利に貢献したビジャ(中央) [写真]=Getty Images

 エルサルバドル代表vsスペイン代表の国際親善試合が7日、アメリカのワシントンで行われた。

 ハムストリングを負傷していたジエゴ・コスタを先発で起用したスペインは、[4-3-3]を採用。3トップは右からペドロ・ロドリゲス、ジエゴ・コスタ、アンドレス・イニエスタを配置した。開始2分、ジエゴ・コスタがペナルティーエリア内でGKに倒され、PKを獲得。しかし、キッカーのセスク・ファブレガスはシュートを大きく枠の上に外してしまう。

 その後も敵陣で試合を進めたスペインだったが、決定機を生み出せないまま時間を消化してしまう。そこでビセンテ・デル・ボスケ監督は、後半からダビド・ビジャ、ダビド・シルバ、サンティ・カソルラの3選手を投入する。

 すると60分、ショートコーナーの流れからスペインが均衡を破る。シャビ・アロンソが左サイドからクロスを送り、ペナルティーエリア右のセルヒオ・ラモスがヘッドで折り返したところを、最後はビジャが頭で押し込んだ。

 さらに88分には、シルバの浮き球パスを、ビジャが見事なトラップ処理からボレーシュートを蹴り込み、2-0と突き放す。その後、ジエゴ・コスタを下げてシャビ・エルナンデスを投入したスペインが危なげなく2-0で勝利。白星で強化試合を終えたスペインは、13日にオランダ代表とのワールドカップ初戦を迎える。

【スコア】
エルサルバドル 0-2 スペイン

【得点者】
0-1 60分 ビジャ(スペイン)
0-2 87分 ビジャ(スペイン)

(記事/超ワールドサッカー)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA