2014.05.28

予測不能なネイマールの技術を最新の映像技術で解析…NHKがW杯開幕前に特別番組を放送

ネイマール
世界初、ネイマールにモーションキャプチャーが取り付けられて予測不能なプレーが科学的に分析された [写真]=NHK

 最新の映像技術を駆使してトップアスリートの驚異的な肉体と精神の秘密に迫る、NHKの大型ドキュメンタリーシリーズ「ミラクルボディー」。北京オリンピック、バンクーバーオリンピック、ロンドンオリンピックに続く第4弾として、初の団体競技となる「サッカー」を取り上げることが決まった。

 6月12日に、FIFAワールドカップブラジル大会が開幕。シリーズ全2回で放送する第1回ではブラジルの新エース・ネイマールを、第2回ではスペイン代表を取り上げる。テレビ放送に先立ち、5月28日に都内でマスコミ向けの試写会が行われた。

 第1回は王国ブラジルの10番を背負うネイマールを特集。番組内にも登場し、2013年のコンフェデレーションカップでマッチアップした日本代表の内田篤人は「(あのドリブルは)どうしようもないですよ」と舌を巻き、プレー再現のために番組に協力した乾貴士は、「絶対に真似できない」とため息混じりに言う。

 相手に合わせて変幻自在に繰り出されるフェイントやドリブル、ネイマールの予測不能なプレーはどのように生み出されるのか。世界で初めてモーションキャプチャーを付けて一連の動きを分析する。ブラジル代表では47試合に出場して30得点(3月5日現在)を記録。驚異的な決定力はどのように生み出されるのか、足先感覚を解析する脳科学を駆使してその秘密に迫る。

 第2回ではワールドカップ前回王者のスペイン代表の強さを解き明かす。華麗なパスサッカーで世界を魅了し、圧倒的な強さで前大会を制覇。強さの秘密を生み出すのは、正確で速いパス交換と複雑なポジションチェンジによる連携プレー。チームの中軸を担う司令塔シャビ、攻撃の起点を担うイニエスタに密着取材を行い、奇跡の連携のメカニズムを解き明かす。

 NHKスペシャル「ミラクルボディー」サッカー・FIFAワールドカップ、第1回「ネイマール “変幻自在”の至宝」は6月1日(日)、第2回「スペイン代表 世界最強の“天才脳”」は6月8日(日)、2週連続で午後9時からNHK総合で放送する。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
10pt
ハノーファー
10pt
バイエルン
9pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
セビージャ
10pt
レアル・ソシエダ
9pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
12pt
ユヴェントス
12pt
インテル
12pt
欧州順位をもっと見る