2014.05.20

英紙が新生マンUの獲得候補7選手を列挙…セスクやクロースら

セスク・ファブレガス
マンUの獲得候補選手としてセスク(左)やクロース(右)の名が挙がった [写真]=Getty Images

 イギリス紙『デイリーメール』は19日、日本代表MF香川真司が所属するマンチェスター・Uの今夏の移籍市場での獲得候補7選手を列挙した。

 マンチェスター・Uは19日、来シーズンからの新指揮官にルイス・ファン・ハール監督が就任することを発表。同紙は、「関心は今や、このオランダ人がクラブの運命を変えるために何をするか、ということに移った」と、述べ、今夏の移籍市場で獲得ターゲットとなり得る7選手を列挙した。

 1人目に挙げられたのは、ローマ所属のMFケヴィン・ストロートマン。移籍金は2500万ポンド(約42億7000万円)で、「左利きで賢いが、けがのため、10月までは合流できない」と、紹介されている。続いて、バルセロナのスペイン代表MFセスク・ファブレガスの名が挙がり、移籍金4500万ポンド(約76億8000万円)であると報じられている。さらに、バイエルンのドイツ代表MFトニ・クロースについては、移籍金1800万ポンド(約30億7000万円)で、「デイヴィッド・モイーズ(前監督)との間で、移籍に合意した」と、伝えられた。

 4人目はドルトムントのドイツ代表DFマッツ・フンメルスで、移籍金は2000万ポンド(約34億1000万円)。「タフなDFで、ドルトムントは今夏に1人のビッグネームを失うことになる」と、移籍の可能性が言及されている。さらに、ファン・ハール新監督がバイエルンを率いていた際に「ドイツ最高の左利きDF」と考えていたドイツ人DFホルガー・バトシュトゥバーも候補に挙げられた。移籍金は1500万ポンド(約25億6000万円)と推定されている。

 6人目は、MF乾貴士のフランクフルトに所属するドイツ人DFセバスティアン・ユングで、同紙は「ドイツの右サイドバックでは、フィリップ・ラームに次ぐ存在」と、報道。移籍金は700万ポンド(約11億9000万円)と報じられた。7人目は日本代表DF吉田麻也のサウサンプトンに所属するイングランド代表DFルーク・ショーで、移籍金は2700万ポンド(約46億1000万円)と伝えられている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ブレーメン
17pt
バイエルン
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アラベス
17pt
セビージャ
16pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る