2014.05.13

世代交代に踏み切ったイングランド…23歳以下8名、W杯経験者は5人

ショー
18歳ながらW杯のイングランド代表入りを果たしたルーク・ショー [写真]=Getty Images

 イングランド代表のロイ・ホジソン監督が12日、6月にブラジルで開幕するワールドカップに臨むメンバー23人と補欠選手7人 を発表した。

 メンバーには23歳以下の若手選手が8人選ばれ、30歳以上のベテラン選手は5人選出された。W杯出場経験者は5人のみで、代表通算出場数が15試合以下の選手が13人と半数以上を占めており、本格的に世代交代に踏み切った格好となった。

 現体制で主将を務めるMFスティーヴン・ジェラード(リヴァプール)と最年長35歳で副主将のMFフランク・ランパード(チェルシー)が順当に選出されたほか、最年少18歳のDFルーク・ショー(サウサンプトン)が招集された。一方、守備的MFを本職とする選手が選ばれなかったことも注目を集めている。

 ホジソン監督はメンバー選出について次のように説明した。

「若手選手たちはそれぞれのクラブで大きな影響力を発揮し、活躍して私を感心させた。彼らは代表入りに値する活躍を見せてきたし、私は彼らを経験のためだけに連れて行くつもりはない。私はこのチームでワールドカップを制覇できると信じているが、優勝するためには、万全な準備を整え、いいプレーを見せなければならない。このチームは才能に溢れているが、彼らはそれを最大限に発揮する必要がある」

 イングランドは、5月30日にウェンブリー・スタジアムでペルーと親善試合を行った後、6月2日の選手登録期限までに改めて最終メンバーを確定させる予定。その後、チームはアメリカのフロリダでキャンプを行い、 同4日と7日に当地でエクアドル、ホンジュラスと親善試合を行う。イングランドは同14日にマナウスで行われるグループリーグ初戦でイタリアと戦う。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
34pt
レスター
26pt
チェルシー
26pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
25pt
ライプツィヒ
21pt
バイエルン
21pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
25pt
レアル・マドリード
25pt
アトレティコ・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
32pt
インテル
31pt
ラツィオ
24pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング