2014.05.09

W杯臨むドイツ代表、若手多数選出の一方で落選した選手たち

W杯メンバー選外となったキースリンク、ゴメス、ギュンドアン、テル・シュテーゲン、バドシュトゥバー(左から) [写真]=Getty Images,Bongarts/Getty Images

 ドイツサッカー連盟は8日、開幕を間近に控えたブラジル・ワールドカップに臨む予備登録メンバー30名を発表した。

 アーセナル所属のMFメスト・エジルやバイエルン所属のDFフィリップ・ラーム、ラツィオ所属FWミロスラフ・クローゼらが順当に選出。また、シャルケ所属のMFマックス・マイヤーや同MFレオン・ゴレツカの10代選手をはじめ、20代前半の若い選手が多数メンバー入りした。

 一方、今シーズン負傷により出番の少なかったフィオレンティーナ所属FWマリオ・ゴメスやドルトムント所属MFイルカイ・ギュンドアン、長期離脱中のバイエルンDFホルガー・バトシュトゥバーらが選外となった。

 なお、W杯登録メンバーには選ばれなかったものの、13日に行われるポーランド代表との親善試合を戦うドイツ代表にはボルシアMGのGKマルク・アンドレ・テル・シュテーゲンら8名が選ばれている。以下、主なドイツ代表落選選手の一覧。

▽GK
ベルント・レノ(レヴァークーゼン)
マルク・アンドレ・テル・シュテーゲン(ボルシアMG)※ポーランド戦招集
レネ・アドラー(ハンブルガーSV)

▽DF
ホルガー・バトシュトゥバー(バイエルン)
デニス・アオゴ(シャルケ)
マルセル・シェーファー(ヴォルフスブルク)
アンドレアス・ベック(ホッフェンハイム)
クリスティアン・ギュンター(フライブルク)※ポーランド戦招集
オリヴァー・ゾルク(フライブルク)※ポーランド戦招集
セバスティアン・ユンク(フランクフルト)※ポーランド戦招集
アントニオ・リュディガー(シュトゥットガルト)※ポーランド戦招集
ハイコ・ヴェスターマン(ハンブルガーSV)
マルヴィン・コンパー(フィオレンティーナ/イタリア)

▽MF
スヴェン・ベンダー(ドルトムント)
イルカイ・ギュンドアン(ドルトムント)
ロマン・ノイシュテッター(シャルケ)
マルコ・ヘーガー(シャルケ)
シモン・ロルフェス(レヴァークーゼン)
シュテファン・ライナルツ(レヴァークーゼン)
シドニー・サム(レヴァークーゼン)
マクシミリアン・アルノルト(ヴォルフスブルク)※ポーランド戦招集
アレクサンダー・マイヤー(フランクフルト)
マックス・クルーゼ(ボルシアMG)
パトリック・ヘアマン(ボルシアMG)
クリストフ・クラマー(ボルシアMG)※ポーランド戦招集
セバスティアン・ルディ(ホッフェンハイム)※ポーランド戦招集
アーロン・フント(ブレーメン)
ニコライ・ミュラー(マインツ)
ルイス・ホルトビー(フルアム/イングランド)
マルコ・マリン(セビージャ/スペイン)

▽FW
マリオ・ゴメス(フィオレンティーナ/イタリア)
シュテファン・キースリンク(レヴァークーゼン)
ピエール・ミシェル・ラソッガ(ハンブルガーSV)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・U
6pt
ハダースフィールド
6pt
ウェスト・ブロムウィッチ
6pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
3pt
バイエルン
3pt
シャルケ
3pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
3pt
バルセロナ
3pt
レアル・ソシエダ
3pt
欧州順位をもっと見る
ミラン
3pt
インテル
3pt
ユヴェントス
3pt
欧州順位をもっと見る