2014.04.12

バルサ指揮官がメッシを擁護…走行距離は「気にならない」

メッシ
アトレティコ戦での走行距離の短さが報じられたメッシ [写真]=Getty Images

 バルセロナのヘラルド・マルティーノ監督が、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシについてコメント。走行距離の短かさを指摘された同選手を擁護した。スペイン紙『マルカ』がコメントを伝えている。

 9日に行われたチャンピオンズリーグ準々決勝セカンドレグのアトレティコ・マドリード戦について、同紙は、UEFA(欧州サッカー連盟)の発表した走行距離データをもとに分析。メッシの走行距離は6.8キロにとどまり、GKホセ・マヌエル・ピント(5.3キロ)と1.5キロしか変わらなかったと指摘した。

 マルティーノ監督は、「メッシが5キロ走ろうが、7キロだろうが10キロだろうが、私は気にならない。関心事は、彼が試合を決定付けるためにボールを持った時のことだ」と、コメント。「彼の人生は浮き沈みの中にあって、今は過度の批判を受けている。そんな中で、彼がメッシであることは簡単ではないんだ。それは、プレーだけでなく、生活においてもね」と、同選手を擁護した。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
72pt
マンチェスター・U
56pt
リヴァプール
54pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
59pt
レヴァークーゼン
38pt
ライプツィヒ
38pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
62pt
アトレティコ・マドリード
52pt
バレンシア
46pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
63pt
ユヴェントス
62pt
ローマ
50pt
欧州順位をもっと見る