2014.03.31

ブンデス第28節では日本人選手の評価伸びず…独2大メディア採点

1アシストした清武弘嗣 [写真]=Bongarts/Getty Images

 ドイツ誌『キッカー』とドイツ紙『ビルト』が、ブンデスリーガ第28節の採点を発表した。

 今節に出場した日本人選手は、軒並み低評価を受けた。1アシストを記録したニュルンベルクに所属する日本代表MF清武弘嗣も、チームが敗れたこともあり、採点は伸びなかった。

 採点がついた日本人選手は、以下の通り(最高点1、最低点6)。

■酒井高徳(シュトゥットガルト)
対ドルトムント戦(2-3●) 70分途中出場
『キッカー』:採点なし 『ビルト』:5(チーム最低タイ)

■岡崎慎司(マインツ)
対アウクスブルク戦(3-0○) フル出場
『キッカー』:4(チーム最低) 『ビルト』:4(チーム最低タイ)

■清武弘嗣(ニュルンベルク)
対フライブルク戦(2-3●) フル出場
『キッカー』:3.5 『ビルト』:4(チーム最低タイ)

■酒井宏樹(ハノーファー)
対ブレーメン戦(1-2●) フル出場
『キッカー』:4 『ビルト』:5

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
90pt
マンチェスター・U
74pt
リヴァプール
71pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
シャルケ
56pt
ドルトムント
54pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
83pt
アトレティコ・マドリード
72pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
85pt
ナポリ
84pt
ローマ
67pt
欧州順位をもっと見る