2014.03.27

連敗で3位転落…現状を語るレアルのX・アロンソ「今は中間地点」

シャビ・アロンソ
レアルのシャビ・アロンソ(左)がセビージャ戦を振り返った [写真]=Getty Images

 リーガ・エスパニョーラ第30節が26日に行われ、セビージャとレアル・マドリードが対戦。レアル・マドリードは1-2で敗れ、2連敗で3位に転落した。

 試合後、レアル・マドリードのスペイン代表MFシャビ・アロンソが敗戦を振り返った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 シャビ・アロンソは、「試合をコントロールして、チャンスを作りだしていた時間帯があった。でも、今日は自分たちの日ではなく、結果として敗れてしまった。守備のミスがあって、それが敗戦につながった」と、コメント。2連敗を喫したが、「以前が完璧だったわけでもないし、今が最悪なわけでもない。しっかりと修正すべき点がある、中間地点にいるということ。堅固な守備を今、チームは少し失っていると思う」と、話した。

 そして、「ミスをすることを、ほとんど許される状況ではない。でも、状況を逆転できるように戦っていくし、その戦いをできるかどうかは、自分たち次第だ。まだ、タイトルを勝ち取るだけの時間はある。アトレティコ・マドリードとバルセロナが躓くことが必要だけど、これ以上、自分たちが躓くことはできない。今はタイトルを獲得できると信じなければいけない」と、今後を見据えた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
16pt
ホッフェンハイム
14pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る