FOLLOW US

快勝したバルサのシャビ「前半の印象を(記憶に)残して欲しい」

4点目を決めたバルサのシャビ(中央) [写真]=Getty Images

 リーガ・エスパニョーラ第26節が2日に行われ、バルセロナとアルメリアが対戦。バルセロナが4-1で快勝し、首位レアル・マドリードとの勝ち点差を1に縮めた。

 試合後、バルセロナのスペイン代表MFシャビ・エルナンデスが勝利を振り返った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。シャビはチーム4点目を記録した。

 シャビは、「人々は、特に前半の印象を(記憶に)残して欲しい」と、2-1で終えた前半の内容に言及。「選手は良い試合を行った。観客もその感触を得ていた」と、話した。

 2-0で迎えた27分に1点を奪われたことについては、「アルメリアのゴールで、チームは揺れた」と、明かし、「後半は前半に比べて、楽しんでプレーすることができなかった。ボールも流れるようには回らなかったが、最初の45分で良しとする」と、コメントした。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA