2014.03.03

本田圭佑はボランチで途中出場…ミランは首位ユーヴェに完封負け

テベス(左)と競り合う本田圭佑(右) [写真]=Getty Images

 セリエA第26節が2日に行われ、日本代表MF本田圭佑の所属するミランとユヴェントスが対戦。本田は、リーグ戦で7試合ぶりにベンチスタートとなった。

 ホームに首位チームを迎えたミランは、序盤から攻勢を仕掛けた。25分にはカウンターからカカがペナルティエリア内で立て続けにシュートを放ったが、GKジャンルイジ・ブッフォンの好守とレオナルド・ボヌッチのブロックによって防がれた。43分にもカカが左サイドからシュートを打ったが、再びブッフォンのセーブによって弾き出された。こぼれたところをアンドレア・ポーリが狙ったが、シュートは枠の上に外れた。

 攻め込みながらも1点が遠かったミランは、前半終了間際の44分にユヴェントスに先制されてしまう。左サイドでクラウディオ・マルキージオ、カルロス・テベス、ステファン・リヒトシュタイナーと繋がれ、最後は中央に折り返されたところをフェルナンド・ジョレンテに蹴り込まれ、均衡を破られた。

 1点ビハインドで迎えた後半も、ミランは攻め込みながらも得点できずにいると、68分にテベスにミドルシュートを打たれて追加点を許してしまった。点差を広げられると、71分にリッカルド・モントリーヴォに代えて本田をボランチとしてピッチに送り込んだ。

 ミランは結局、本田投入も実らずに攻撃陣が不発に終わり、0-2とリーグ戦3試合ぶりの敗戦。今シーズンの9敗目を喫した。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
52pt
マンチェスター・U
41pt
チェルシー
38pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
41pt
シャルケ
30pt
ドルトムント
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
42pt
アトレティコ・マドリード
36pt
バレンシア
34pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
42pt
ユヴェントス
41pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る