2014.02.18

初出場の1974年大会への敬意を表現…ナイキがオーストラリア代表の新ユニフォームを発表

40年前のジャージからインスピレーションを受けたイエローが印象的

 ナイキは、今夏オーストラリア代表がブラジルの地で着用するユニフォームを発表した。新しい代表チームのキットは1974年、西ドイツでオーストラリアが初めて世界一を決める大会に出場した当時の代表チームへの敬意を表現しつつ、最高の機能性を発揮するイノベーションと、オーストラリア独特の開拓者精神を表現する刺激的なデザインディテールを盛り込んだ仕上がりになっている。

 シドニーのウォルシュベイで行われた公式発表会には、1960年代以降の各年代を代表する伝説の選手たちに加え、現代表メンバーのマーク・ブレッシャーノ、マイケル・ズッロ、そしてアンジェ・ポステコグルー監督も登場。ポステコグルー監督は「“サッカールーズ(オーストラリア代表の愛称)”はすべての国民の代表として、ブラジルのステージでオーストラリア国民の魂を世界に見せつけてくれるでしょう。1974年の代表チームが道を拓きました。2014年の“サッカールーズ”は、その1974年の代表チームへの敬意を示し、オーストラリアを代表することを感じられるジャージを身にまといます」と語った。

 ジャージに用いられた鮮やかなイエローは、40年前のジャージからインスピレーションを受けたカラー。そこにあしらわれた現代的なグリーンのジョニーカラーもまた、1974年のアイコニックなキットを彷彿させる。ナイキのデザインチームは、ジャージの胸を彩るオーストラリアのエンブレムを、1974年大会のジャージに用いられたクレストの形を模した新しいシールド(盾)の中に描いた。これは「母国の歴史を感じていたい」という、現代表選手たちの要望に応えるためだという。

 さらに、シャツ内部の首の裏側には、オーストラリアフットボール連盟のペナントをタブにしたものの周りに、1974年大会のオーストラリア代表のキャプテン、ピーター・ウィルソンの名言、「我らサッカールーズは不可能を可能にする」という言葉があしらわれている。

 オーストラリア代表の新ユニフォームは、日本では「ナイキ AUS DRI-FIT S/S ホーム スタジアム ジャージ」のみ展開される予定だ。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
13pt
ブレーメン
11pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る