FOLLOW US

ミラン指揮官「本田に関しては、辛抱強く待たなければならない」

本田圭佑は、トリノ戦で終盤までプレーした [写真]=Getty Images

 セリエA第22節が1日に行われ、日本代表MF本田圭佑の所属するミランは、ホームでトリノと対戦。18分に先制点を奪われたが、50分にフランス代表DFアディル・ラミのゴールで追いつき、1-1で引き分けた。

 試合後、ミランのクラレンス・セードルフ監督は、先発出場して、89分までプレーした本田についてコメントした。クラブの公式HPが伝えている。

 セードルフ監督は、「我々は本田に関しては、辛抱強く待たなければならない。彼は異なる文化とサッカーを持つロシアから来たんだ。ただ、彼は今夜に良いプレーを見せてくれた」とコメント。「選手達は長い時間ともにプレーしていないが、ピッチ上で理解し合う時間があれば、良くなっていくよ」とチーム全体の連携についても語った。

 ミランは第22節終了時点で、7勝8分け7敗の勝ち点29。暫定9位となっている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA