FOLLOW US

チェルシーのミケル、ウェストハムは「ただ下がって守った」

チェルシーMFミケルがウェストハム戦を振り返った [写真]=Getty Images

 プレミアリーグ第23節が29日に行われ、チェルシーとウェストハムが対戦。0-0の引き分けに終わった。

 チェルシーのナイジェリア代表MFジョン・オビ・ミケルが試合を振り返った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 ミケルは、「試合に臨むにあたって、相手がどのようなアプローチをするかはわかっていた。彼らが僕たちに困難をもたらすことはわかっていたよ。彼らはほとんど11人で守備を行った。最初から最後までそうだった」と、コメント。「とても難しい試合だったし、フラストレーションを感じたよ。僕たちはライン間や最終ラインの裏にスペースを見つけようとした。でも、難しかったね」と、圧倒的に攻め込みながらも無得点に終わった試合を振り返った。

 そして、「彼らの視点からすれば、成し遂げたことに満足しているはずだ。ポゼッションについての統計がどうなっているかはわからないけど、彼らはプレーしようとはしなかった。ただ下がって守ったんだ」と、コメントした。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA