2014.01.07

アトレティコMFコケ「相手がバルセロナであっても恐れない」

コケ
好調アトレティコで主力を担うコケ [写真]=Getty Images

 4日に行われたリーガ・エスパニョーラ第18節、アウェーでマラガに1‐0で勝利し、首位バルセロナと同勝ち点の2位の座をキープしたアトレティコ・マドリード。決勝点を挙げたスペイン代表MFコケが試合を振り返った。

 コケはまず、自身の値千金のゴールを喜びながらも、チームとして好結果を残せたことに満足感を表した。

「これは極めて重要な勝利だ。僕達は休暇明けの一戦の難しさも、マラガの手強さも十分に分かっていたけれど、実際に厳しい試合になった。彼らの守備は本当に手堅かったが、最終的に僕のゴールで勝利を手にすることができた。とはいえ、最も重要なのは3ポイントを持ち帰れたことだ。相手が守備的にプレーしてくるということは、自分達が良い戦いをしていることの証でもある」

 この試合、出場停止のMFガビおよびMFラウール・ガルシア、故障中のMFマリオ・スアレスがいずれも不在となったため、サイドではなく中央でプレーしたコケ。しかし、ポジションは問わないとの意思を表明している。

「ドブレ・ピボーテ(ダブル・ボランチ)はいつでもやり易いね。これまで何度もプレーしてきたポジションなので何の問題もない。いずれにしても、監督が望むポジションなら、僕はどこでも喜んでプレーするよ」

 アトレティコ・マドリードは今節の白星により、本拠地ビセンテ・カルデロンにバルセロナを迎える次節に勝利すれば、首位に立って前半戦を折り返すことになる。この現況を踏まえたコケは、まずは7日に敵地メスタージャで行われるコパ・デル・レイ5回戦ファーストレグのバレンシア戦に集中するべきとの姿勢を貫きながらも、バルセロナとの首位攻防戦にも自信を示した。

「冬の王者になっても何の意味も持たない。重要なのはシーズン終了時にどの順位にいるかだ。それに加え、今の僕達にとってはメスタージャで良い結果を残すことが先決だ。まずはバレンシア戦をしっかりと戦い、そのうえでバルセロナ戦のプランを考えることになる。いずれにしても、アトレティコ・マドリードは大会の種類に関係なく勝利を目指すチームであり、いかなる相手も恐れたりしない。たとえそれがバルセロナであったとしてもね」

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
67pt
マンチェスター・C
51pt
レスター
48pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
40pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
38pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
レアル・マドリード
43pt
セビージャ
38pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
51pt
インテル
48pt
ラツィオ
46pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング