2016.12.15

シャペコエンセの“再出発日”が決定…来年1月29日に事故以来初の公式戦へ

シャペコエンセ
シャペコエンセ、来年1月末に“再出発”へ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 墜落事故で多くの犠牲者を出したシャペコエンセ(ブラジル1部リーグ)の“再出発日”が決まった。イギリスメディア『BBC』が14日に報じている。

 11月28日にシャペコエンセの選手や関係者、同行記者などを乗せた飛行機が、コパ・スダメリカーナ決勝の試合地であるコロンビアのメデジンへ向かう途中に山間部にて墜落。71名が亡くなる大惨事となり、世界が悲しみに包まれた。

 シャペコエンセは、この墜落事故から2カ月後の2017年1月29日に“再出発”を迎えることが決まったようだ。『BBC』によると、クラブ関係者が大手メディア『AFP』に対し、同日にホームで行われるサンタカタリーナ州選手権のインテル・デ・ラジェス戦で、事故以来初の公式戦に臨む予定を明かしたという。

 多くの主力選手を失ったシャペコエンセには、チーム再建に向けて他クラブから選手の無償ローンなどの提案がされ、元アルゼンチン代表FWフアン・ロマン・リケルメ氏や元ブラジル代表FWロナウジーニョ、アイスランド代表FWエイドゥル・グジョンセンが加入する可能性も報じられていた。

 また、現在FIFAクラブワールドカップ ジャパン 2016に参戦しているアトレティコ・ナシオナルがコパ・スダメリカーナ決勝を辞退したことで、5日にCONMEBOL(南米サッカー連盟)がシャペコエンセを2016年の大会王者にすることを正式発表していた。

 なお、生存者の6名の内、シャペコエンセの選手はDFアラン・ラスケル、GKジャクソン・フォルマン、DFネトの3名。ラスケルと片足切断を余儀なくされたフォルマンは13日にブラジルへ帰国したが、ネトは現在もコロンビアの病院に入院しているという。また、チーム再建を担う指揮官には、ブラジル人のヴァグネル・マンシーニ氏が就任している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・U
3pt
ハダースフィールド
3pt
マンチェスター・C
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
82pt
ライプツィヒ
67pt
ドルトムント
64pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
93pt
バルセロナ
90pt
アトレティコ・マドリード
78pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
91pt
ローマ
87pt
ナポリ
86pt
欧州順位をもっと見る