2018.03.16

開催国ロシアに大打撃、ココリンが右ひざ負傷で手術へ…W杯出場は絶望的

ココリン
ライプツィヒ戦で負傷したココリン [写真]=NurPhoto via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ゼニトは16日、ロシア代表FWアレクサンドル・ココリンが右ひざ前十字じん帯損傷と診断されたことを発表した。

 ココリンは15日に行われたヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント2回戦(ラウンド16)セカンドレグのライプツィヒ戦に先発出場していたが、開始8分で負傷交代。顔を手で覆いながら電動カートで運び出された。

 ゼニトによると、ココリンはローマで手術を受ける予定となっており、詳細は追って発表されるという。大手メディア『ESPN』は、同選手が2018 FIFAワールドカップ ロシアを欠場する可能性が高いと報じている。

 現在26歳のココリンは、過去に2度のW杯出場を経験。ロシア代表として国際Aマッチ48試合出場12得点を記録している。自国開催大会を前に、エースが離脱を強いられることとなってしまった。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ボルシアMG
17pt
ブレーメン
17pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
エスパニョール
17pt
アラベス
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
19pt
欧州順位をもっと見る