FOLLOW US

F・デ・ヨングが負傷不参加…クーマン監督、唯一無二の存在であることを強調「何か違うものになる」

2023.03.21

クーマン監督がMFフレンキー・デ・ヨング離脱を嘆く [写真]=Getty Images

 オランダ代表を率いるロナルド・クーマン監督が、同国代表について語った。20日、オランダメディア『NOS』が伝えている。

 FIFAワールドカップカタール2022を以ってルイ・ファン・ハール前監督が退任し、後任としてロナルド・クーマン監督が就任したオランダ代表は17日、第2次クーマン政権の船出となる3月のEURO2024予選に臨む同国代表メンバー25名を発表。MFフレンキー・デ・ヨング(バルセロナ/スペイン)やFWメンフィス・デパイ(アトレティコ・マドリード/スペイン)らが名を連ねるとともに、MFジョルジニオ・ワイナルドゥム(ローマ/イタリア)が約1年ぶりの代表復帰、好調のフェイエノールトからDFルシャレル・ヘールトロイダとMFマッツ・ウィーファーなどが初招集され、“新生オランダ代表”が誕生した。

 しかし20日、前日に行われたラ・リーガ第26節レアル・マドリード戦でF・デ・ヨングが負傷し、代表活動への不参加が決定。寵愛する同選手の代役については「まだ決められていない」と明かしたクーマン監督は「彼は重要な選手なんだ。フレンキーには、多くの選手が持っていない資質がある。ただ、彼がいなくなったからといって、いきなりシステムを変えるということにはならない」と告白。続けて「でも、何か違うものになるのは明白だ。なぜなら今、フレンキーのポジションに入ってくる選手は、彼とは異なるプレースタイルだからね」と唯一無二の存在であることを強調した。

 またクーマン監督は、初招集のMFマッツ・ウィーファーについて「昨日のデ・クラシケル(アヤックスvsフェイエノールト)で彼のプレーを見たけど、起用することに恐れはない。彼がこのレベルでプレーできると思ったから、選んでいる」と口にしつつ、「ワイナルドゥムの復帰については、彼の体調が良くなっているからね。それに、グループにとっても大切な存在だよ」と選出理由を語っている。

 まもなく始まるEURO2024予選に臨むオランダ代表は、24日にグループB開幕節でフランス代表と、27日に第2節でジブラルタ代表と対戦する。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO