FOLLOW US

ハーフナーが最終戦で16点目…岡崎超えの欧州主要リーグ日本人最多得点

最終節でリーグ戦16ゴール目を挙げたハーフナー(左)[写真]=VI Images via Getty Images

 ADOデン・ハーグに所属する日本代表FWハーフナー・マイクが、今シーズンのエールディヴィジで16点目を挙げて、欧州主要1部リーグでの日本人最多得点記録を更新した。

 エールディヴィジ最終節が8日に行われ、デン・ハーグはホームでヘーレンフェーンと対戦した。30分、ハーフナーがペナルティエリア内で相手選手に倒されてPKを獲得。31分に自らキッカーを務めたハーフナーが、左足で落ち着いて決めて先制ゴールを挙げた。

 ハーフナーは今シーズンのリーグ戦で16点目。日本代表FW岡崎慎司(現レスター)がマインツ時代の2013-14シーズンにブンデスリーガで記録した15得点を上回り、欧州主要1部リーグでの日本人最多得点記録を更新した。

 なお、試合はその後、デン・ハーグが51分に失点を喫し、1-1の引き分けで終了。デン・ハーグは10勝13分け11敗の11位で今シーズンを終えた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO