FOLLOW US

ターンオーバー失敗!?4失点で敗戦のミラン指揮官は批判に反論

2024.02.19

ミランを指揮するステファノ・ピオリ監督[写真]=Getty images

 ミランを指揮するステファノ・ピオリ監督が2-4で敗れたモンツァ戦を振り返った。18日、イタリアメディア『スカイ』がコメントを伝えている。

 現在リーグ戦で3位に位置するミランは、18日に行われたセリエA第25節で11位のモンツァと敵地で対戦。この試合では、今季ここまで12得点8アシストを記録しているフランス代表FWオリヴィエ・ジルー、ポルトガル代表FWラファエル・レオン、アメリカ代表MFクリスティアン・プリシッチら主力がベンチスタートとなった。ミランは前半にPKを含む2失点を喫し、52分にはルカ・ヨヴィッチが一発レッドで退場に。後半から途中出場のジルー、プリシッチの得点で一時は同点に追いついたが、後半アディショナルタイム(AT)に2のゴールを許し、リーグ戦では9試合ぶりの敗戦となった。また、順位に変動はないものの、2位のユヴェントスとの勝ち点差は『4』に広がっている。

 試合後ピオリ監督はジルーら主力を温存したことについて、「プリシッチとジルーは疲れていた。レオは先発する予定だったが、ふくらはぎの違和感を訴えていたため、後半から起用することを決めた」と、説明。ヨーロッパリーグ(EL)・決勝トーナメントプレーオフのファーストレグ(レンヌ戦)から中3日であったことを考慮し、ターンオーバーを図ったことを明かした。

 敗戦という結果に関しては、「我々は試合を危険にさらすミスを許してしまった。スタートの選手は疲労に関して問題はなかったはずだ」と、と語り、先発で起用したもののPKを与えてしまったマリック・チャウや、退場処分となったヨヴィッチについては「ミスを犯したことは、選手の状態や入れ替えといった問題ではない」と主張。ターンオーバーの影響とは関係ないことを強調した。

 最後に、ユヴェントスに勝ち点差を広げられてしまったことについても言及。「3位はまだ安定していないし、2位との差もそこまで広がっていない」と主張し、4位に位置するアタランタと勝ち点差『7』をつけている現状に慢心しないとともに、勝ち点差『4』のユヴェントスを追い抜く覚悟を示した。

オリヴィエ・ジルーの関連記事

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

RANKINGオリヴィエ・ジルーのニュースアクセスランキング

SOCCERKING VIDEO