FOLLOW US

インテル新加入のマルクス・テュラム、背番号は「9」に決定! 昨季まではジェコが着用

2023.07.21

今夏インテルに加入したマルクス・テュラム [写真]=Inter via Getty Images

 インテルは20日、今夏のマーケットで新加入したフランス代表FWマルクス・テュラムの背番号が「9」に決まったことを明かした。

 インテルの背番号「9」は、2022-23シーズンまでボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ジェコが着用していた。しかし、ジェコはインテルとの契約が同シーズン限り満了を迎えており、6月22日にはフェネルバフチェへのフリー移籍が決定。ジェコの退団により、エースストライカーの象徴とも言える背番号「9」の行き先に注目が集まっていたが、今夏新たに加わったM・テュラムが継承することとなった。

 現在25歳のM・テュラムは2019年夏に母国フランスを離れてボルシアMGに完全移籍加入。4シーズンにわたって“攻撃の要”として活躍し、公式戦通算134試合出場44ゴール29アシストを記録した。ボルシアMGとの契約が2022-23シーズン限りで満了を迎えたことに伴い、同シーズン限りでの退団が決定。フリーで獲得可能なM・テュラムにはミランも関心を示していたが、最終的には“ネラッズーロ”のユニフォームを身に纏うことが決まっていた。また、フランス代表としてもFIFAワールドカップカタール2022に出場しており、これまでに通算10試合のピッチに立っている。

 なお、インテルの背番号「9」はこれまでに元ブラジル代表FWロナウド氏、元アルゼンチン代表FWエルナン・クレスポ氏や同FWフリオ・クルス氏らが着けていたことで知られている。セリエA、コッパ・イタリア、チャンピオンズリーグ(CL)の“3冠”を達成した2009-10シーズンには元カメルーン代表FWサミュエル・エトー氏が背負っており、近年では長らく元アルゼンチン代表FWマウロ・イカルディが着用していた。新シーズン、新たに“9番”を託されたM・テュラムはどのような活躍を見せてくれるだろうか。

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

SOCCERKING VIDEO