FOLLOW US

ミランDFカルダラ、昨季セリエA残留のスペツィアへのレンタル移籍が決定

2022.07.18

昨季はヴェネツィアでプレーしたDFカルダラ [写真]=Getty Images

 ミランは17日、元イタリア代表DFマッティア・カルダラが、スペツィアに1年間の期限付き移籍をすることを発表した。なお、契約には買い取りオプションが付帯している。

 現在28歳のカルダラは、アタランタの下部組織で育ったセンターバック。2017年1月にユヴェントスに引き抜かれるも、期限付き移籍でアタランタでのプレーを続け、最終的にユーヴェのシャツに袖を通すことはなかった。そして2018年8月には、それぞれ3500万ユーロ(当時のレートで約45億4000万円)という移籍金が発生した、イタリア代表DFレオナルド・ボヌッチとの実質的な等価トレードでミランに加わった。

 だが将来性を期待されて加入したロッソネーロでは、アキレス腱断裂や前十字靭帯断裂の大ケガにより、セリエAでは1試合もピッチに立てず。1年半後には古巣アタランタへの期限付き移籍すると、昨季はヴェネツィアに期限付き移籍し、キャリアハイの数字となるリーグ戦31試合への出場を果たした。

 そしてカルダラは、2022-23シーズンはスペツィアでプレーすることが決定。2018年にはロベルト・マンチーニ監督の元で24歳でイタリアA代表デビューしたものの、わずか2キャップのみで代表から遠ざかる“未完の大器”は、昨季セリエA残留を果たしたクラブでポテンシャルを発揮することができるのだろうか。

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

SOCCERKING VIDEO