FOLLOW US

インテル、ルカク再獲得に自信か…チェルシーとの隔たりは約7億円?

インテル復帰を希望しているルカク [写真]=Getty Images

 チェルシーに所属しているベルギー代表FWロメル・ルカクのインテル復帰に向けて両クラブは話し合いを行っているようだ。15日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 現在29歳のルカクは2011年8月から2014年7月にかけてもチェルシーに所属していたが、当時は出場機会を得られず。エヴァートンやマンチェスター・Uを経て、2019年8月にインテルへと完全移籍。2020-21シーズンのセリエA優勝に貢献し、2021年8月にチェルシー史上最高額となる移籍金9750万ポンド(約159億円)でチェルシーに復帰した。

 2021-22シーズンは公式戦44試合の出場で15ゴール2アシストを記録したものの、パフォーマンスに対する批判が集まり、絶対的なレギュラーとしては起用されず。また、昨年12月にはクラブに無許可でイタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューに応じ、インテルへの未練を感じさせるコメントを口にしたことで物議も醸していた。

 そんなルカクは今夏のインテル復帰を望んでいることが明らかになっている。すでに両クラブには移籍希望を伝達済みであることが報じられており、両クラブは正式に交渉を開始したことが伝えられている。ただ、売却額に近い移籍金でルカクを買い戻す財政的な余裕はインテルにないため、移籍形態は有償レンタル移籍となることが見込まれている。

 報道によると、チェルシー側は少なくとも1000万ユーロ(約14億円)のレンタル料を要求している一方で、インテル側は500万ユーロ(約7億円)を提示しており、現時点では500万ユーロ(約7億円)の隔たりがあるという。

 それでも、インテルとしてはルカクの再獲得に自信を持っている模様だが、果たして両クラブは合意に達することはできるのだろうか。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO