FOLLOW US

トッテナム加入目前のペリシッチ、インテル退団を発表「忘れられない学びの場となった」

ペリシッチがインテル退団を発表 [写真]=Getty Images

 クロアチア代表MFイヴァン・ペリシッチが、インテルからの退団を自身のSNSで発表した。

 現在33歳のペリシッチは、クラブ・ブルージュやドルトムント、ヴォルフスブルクなどを経て、2015年夏からインテルでプレーしていた。バイエルンへと期限付き移籍していた2019-20シーズンを除き、公式戦通算254試合に出場し、55ゴール49アシストを記録。2020-21シーズンは11シーズンぶり19回目のセリエA優勝に貢献し、今季はスーペルコッパ・イタリアーナとコッパ・イタリアの2冠を達成した。

 しかし、インテルとの契約は6月30日で満了を迎える。フリートランスファーでのトッテナム加入が決定的となっており、30日にメディカルチェックを通過。すでに2年契約にサインしている模様で、残すはクラブからの公式発表のみとなっている。

 そんななか、ペリシッチは31日に自身の公式インスタグラム(ivanperisic444)を更新。インテルからの退団を発表し、クラブとインテリスタへの感謝をつづった。

「254試合、55ゴール、49アシスト、3つのトロフィー、18934分、この栄光のユニフォームを着てピッチに立ち、僕の旅は終わりを迎えた」

「終わりは新しい始まりを意味するが、この数年間を振り返り、成し遂げた仕事に対して深い感謝を示すことが重要だ。選手として、そして家族全員にとって、忘れられない学びの場となった。チーム、スタッフ、従業員、そして何よりもファンのみんなへ。みんなは僕の心の中にいつも特別な位置を占めている。このクラブが自分の経歴の一部であることを、とても光栄に感じている」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO