FOLLOW US

チームで抜群の存在感…2021-22シーズンで在籍10年目を迎えた10選手

2021.08.20

今回は今シーズンで在籍10年目を迎えた10選手をご紹介 [写真]=Getty Images

 リーグ・アンを皮切りに、先週末にはプレミアリーグ、ラ・リーガ、ブンデスリーガが、そして今週末にはいよいよセリエAが開幕する。2021-22シーズンの欧州5大リーグも各地で熱戦が繰り広げられることだろう。

 新たなシーズンを新天地で迎える選手もいれば、同じクラブで変わらずプレーし続ける選手も存在する。そこで今回は、今季で在籍10年目という節目のシーズンを迎えた選手たちを10名紹介しよう。

※下部組織出身選手については、トップチームでデビューを飾ったシーズン、またはトップチーム昇格を果たしたシーズンを在籍1年目としてカウント。なお、在籍年数はレンタル移籍期間も含むこととする。

セサル・アスピリクエタチェルシー

[写真]=Getty Images


 20歳そこそこで海外生活をスタートさせ、2012年にチェルシーに加入。以降、“ブルーズ”一筋を貫き、昨季は主将としてビッグイヤーを掲げた。公式戦出場数は「400」を超えて、外国人選手としてはペトル・チェフ氏に次ぐクラブ歴代2位に。衰え知らずの“鉄人”は今季もピッチに立ち続ける。

ウーゴ・ロリストッテナム

[写真]=Getty Images


 トッテナムの絶対的守護神は、先週末の開幕戦でプレミアリーグ通算299試合出場を達成。ダレン・アンダートン氏が持つクラブ歴代最多記録に並んだ。その存在感はレジェンド級で、プレミアリーグを代表するGKでもある。ただ、トッテナムではノータイトル。今季こそ悲願達成なるか。

ジェイミー・ヴァーディレスター

[写真]=Getty Images


 “ノンリーグ”出身のスーパースター、ヴァーディも、在籍10年目を迎えた選手の一人だ。2015-16シーズンのプレミアリーグ優勝、2019-20シーズンのプレミアリーグ得点王など、数々の偉業を成し遂げ、34歳となった今なおレスターのエースに君臨する。2012年の加入時に支払われた移籍金は100万ポンド。現レートで約1億5000万円と、まさに破格だった。

ジョルディ・アルババルセロナ

[写真]=Getty Images


 下部組織時代を過ごしたバルセロナに帰還したのが2012年夏。以降、左サイドバックとして不動の地位を築き、今季からは第4キャプテンに任命された。ピッチ上で抜群の相性を誇ったリオネル・メッシの退団は彼のプレーにも影響を与えそうだが、攻撃の貴重なオプションであることに変わりはない。

ルカ・モドリッチレアル・マドリード

[写真]=Getty Images


 昨季限りで満了するはずだった契約を1年延長したことで、在籍10年目に突入。数多くのタイトルを勝ち取ってきた盟友たちがクラブを去るなか、“レアル愛”を貫くベテランは今季も背番号10をつけて健在ぶりを披露している。円熟の域に入ったプレーを堪能できるのは最高の幸せかもしれない。

ホセ・ルイス・ガヤバレンシア

[写真]=Getty Images


 バレンシアの下部組織出身で、J・アルバの退団後にトップチームデビュー。以後、移籍の噂は絶えないが、愛するクラブにとどまり続け、現在はキャプテンとしてチームをけん引する。EURO2020に参加した今夏も、バカンスを早めに切り上げてチームに合流。まさに生え抜きの鑑と言える。

マルコ・ロイスドルトムント

[写真]=Getty Images


 2012年、下部組織時代を過ごしたドルトムントに復帰すると、その後は好条件のオファーを何度も固辞。ケガに苦しみ“ガラスの天才”と称されたこともあったが、昨季は公式戦49試合に出場するなど、充実した1年を過ごした。EURO2020への参加を辞退したのも、新シーズンを万全の状態で迎えるため。10年目のロイスはさらに進化していくはずだ。

クリスティアン・ギュンターフライブルク

[写真]=Getty Images


 過去7シーズン連続でリーグ戦30試合以上に出場。シュトライヒサッカーの申し子は、今季もフライブルクの屋台骨を支える。クラブでの好調ぶりを受けて、今年6月にドイツ代表復帰を果たし、EURO2020のメンバーにも選出。出場機会こそなかったが、今季のブンデスリーガに欠かせない選手の一人だ。

サミール・ハンダノヴィッチインテル

[写真]=Getty Images


 セリエAの歴史を振り返っても、名門クラブの守護神をこれだけ長く務める外国人GKはそういないだろう。イタリア生活は18年目に突入。昨季はキャプテンとして、初のスクデット獲得を経験した。監督交代やロメル・ルカクの退団もあって、チームは再出発を余儀なくされているが、寡黙なリーダーの安定感は抜群だ。

■マルコ・ヴェラッティ(パリ・サンジェルマン

[写真]=Getty Images


 生まれ故郷のペスカーラ(イタリア)から“フランスの都”パリに居を移して、この夏で10年目を迎えた。イタリア屈指の司令塔は、EURO2020で欧州制覇を達成。次に狙うのは、パリ・サンジェルマンでのチャンピオンズリーグ優勝だろう。「新・銀河系軍団」と称されるチームをどう操るのか。お手並み拝見だ。

(記事/Footmedia)

【PR】セリエA観るなら
U-NEXT「SPOTV NOWパック」で!

U-NEXTが提供する「SPOTV NOWパック」とは、U-NEXTと契約することでSPOTV NOWが視聴できるお得なプランになります。

U-NEXT「SPOTV NOW」パック

ポイント利用で実質月額800円に!

月額2,000円ですが、U-NEXT会員には毎月1,200ポイント(1,200円相当)が付与されるため、ポイント利用によってU-NEXTのコンテンツと合わせてお得に楽しむことができます。

セリエAプレミアリーグのほか、U-NEXTが提供するラ・リーガなど注目リーグの試合を視聴可能です。

  1. U-NEXTの「SPOTV NOWパック」なら広告なし! TV視聴も可能!
  2. 見放題のエンタメ作品数NO.1を誇るU-NEXTでセリエA&エンタメを堪能!
  3. U-NEXT&「SPOTV NOWパック」ではプレミアリーグやラ・リーガなども楽しめる!

【PR】「DMM×DAZNホーダイ」で
セリエAが見放題!

「DMM×DAZNホーダイ」とは、DMMプレミアムとDAZN Standardをセットで利用できるプラン。

単体契約ならDMMプレミアム月額550円(税込)、DAZN Standard月額4,200円(税込)のところ、本プランなら月額3,480円(税込)だからとってもお得です。

  1. 「DMM×DAZNホーダイ」なら単体契約より月額1,270円(税込)も安い!
  2. DAZNだけの契約と比較しても月額720円(税込)お得に楽しめる!
  3. 新規入会月から最大3カ月間、「DMMポイント」を550ポイント付与!

By Footmedia

「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

SHARE

SOCCERKING VIDEO