FOLLOW US

ラツィオ、S・インザーギ監督の退任発表…声明は異例の名前無し「心変わりを尊重」

ラツィオ退任が決まったS・インザーギ氏 [写真]=Getty Images

 ラツィオは27日、シモーネ・インザーギ監督の退任を発表した。クラブの声明には監督の名前がなく、「指揮官の心変わりを尊重する」という異例の形だった。

 6月でラツィオとの契約が満了となるS・インザーギ監督は、前日26日に2024年までの契約延長で合意したとの報道も出ていたが、一転して退任が決まった。そのため、クラブは声明で「監督と選手として長年ラツィオの一員であり、ビアンコチェレスティ(ラツィオの愛称)に多くの成功をもたらした指揮官の心変わりを尊重します」とだけコメントしている。

 なお、ラツィオを退団が決まったイタリア人指揮官は、前日26日にアントニオ・コンテ監督の退任を発表したインテルの新指揮官に就任することが有力視されているようだ。イタリア紙『トゥットスポルト』によると、S・シモーネ監督はインテルと年俸400万ユーロ(約5億4000万円)+ボーナスの2年契約にサインする模様。一方、ラツィオの延長オファーは年俸220万ユーロ(約3億円)+ボーナスの3年契約だったと見られている。

 現在45歳の同指揮官は現役時代にラツィオなどで活躍し、2010年の引退後は同クラブの下部組織で監督を歴任。2016年4月からシーズン終了までトップチームを暫定的に率いたが、夏に就任したマルセロ・ビエルサ監督がわずか2日で辞任したため、同年7月に正指揮官として再就任した。それから5シーズンにわたり公式戦249試合で指揮を取り、2018-19シーズンには6年ぶりのコッパ・イタリア制覇に導き、今シーズンは13年ぶりのチャンピオンズリーグ本戦出場も果たしていた。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO