FOLLOW US

ユヴェントスが3季ぶりのコッパ・イタリア制覇!…キエーザ決勝弾でアタランタを撃破

ユヴェントスが最多14回目のコッパ・イタリア制覇 [写真]=Getty Images for Lega Serie A

 コッパ・イタリア決勝が19日に行われ、アタランタとユヴェントスが対戦した。

 2シーズンぶりに決勝へ駒を進めたアタランタと2シーズン連続の決勝進出を果たしたユヴェントスによる対決。試合はアタランタが先にチャンスを作り、5分にペナルティエリア中央のドゥバン・サパタが体を張ってクロスを収めて左足シュート。25分にはレモ・フロイラーがエリア右の深い位置からシュートを放ち、相手ゴールを脅かす。

 ユヴェントスはなかなか決定機を作れなかったが、31分にカウンターから先制に成功した。エリア中央でクリスティアーノ・ロナウドが潰れると、こぼれ球をウェストン・マケニーがエリア右へパス。フリーのデヤン・クルゼフスキが左足ダイレクトで鮮やかなシュートをゴール左隅に沈めて先制点を決めた。

 だが、アタランタもすぐに反撃。42分、フロイラーが高い位置でボールを奪って右サイドに展開すると、ハンス・ハテブールがダイレクトで中央折り返す。これを受けたルスラン・マリノフスキーが左足シュートを突き刺して同点に追いついた。

 後半に入ってユヴェントスは58分、フェデリコ・キエーザの折り返しにニアでクルゼフスキが合わせたが、シュートはGKピエルルイジ・ゴッリーニの好セーブに阻まれる。60分にもキエーザがエリア中央で決定的なシーンを迎えたが、シュートは惜しくも右ポストに弾き返された。

 それでも、ユヴェントスは73分、キエーザが左サイドから中央に切り込むと、クルゼフスキとの絶妙なワンツーでエリア内へ突破。そのままGKとの一対一で冷静に左足シュートを流し込んで勝ち越しゴールを奪った。アタランタは88分、すでにピッチを退いてベンチにいたラファエウ・トロイが審判への抗議により退場となった。

 試合はこのまま終了し、ユヴェントスが競り勝って3シーズンぶり最多14回目のコッパ・イタリア優勝を達成。アタランタは1962-63シーズン以来の大会制覇をあと一歩で逃した。

【スコア】
アタランタ 1-2 ユヴェントス

【得点者】
0-1 31分 デヤン・クルゼフスキ(ユヴェントス)
1-1 41分 ルスラン・マリノフスキー(アタランタ)
1-2 73分 フェデリコ・キエーザ(ユヴェントス)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO