FOLLOW US

セリエAで2季連続20得点到達のルカク 「マンUからの移籍は正しい判断だった」

インテルに所属するルカク [写真]=Getty Images

 インテルに所属するベルギー代表FWロメル・ルカクが、自身のキャリアについて語った。4日付けでスペイン紙『アス』が報じている。

 3日に行われたセリエA第29節ボローニャ戦に出場したルカクは、31分に決勝点となる先制点を挙げ、チームの勝利に大きく貢献。インテルは首位をがっちりキープし、ルカク自身もセリエAで2シーズン連続となるリーグ戦20点目を記録した。試合を終えた同選手は、自身のキャリアやチームについて、以下のように語っている。

「今日の勝利にはとても満足している。複雑な試合だったけど、我々は大きな一歩を踏み出すことができたし、この道を進み続けなけれなならない」

「2019年にマンチェスター・Uから移籍したのは正しい判断だった。私にとっては素晴らしい瞬間を迎えられているし、チームメイトがいなければ自分は何者でもない。だからチームが最も重要で、彼らを助けるためにできる限りのことをする。我々には大きな目標があり、この調子を維持する必要があると思っているよ」

 インテルは現在、リーグ戦の28試合を終えて勝ち点68。暫定ながら、2位のミランに勝ち点差「8」をつけて首位を走っている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO