FOLLOW US

師弟対決の“イタリア・ダービー”はインテルに軍配…本拠地で完封勝利

インテルとユヴェントスが対戦した [写真]=Getty Images

 セリエA第18節が行われ、インテルユヴェントスが対戦した。

 175回目の“イタリア・ダービー”は2位インテルと4位のユヴェントスが勝ち点差「4」で激突。ユヴェントスのアンドレア・ピルロ監督にとっては現役時代に師事したアントニオ・コンテ監督と指導者として初めての対戦となった。

 11分、ユヴェントスはアドリアン・ラビオが強烈なミドルを放つと、GKサミール・ハンダノヴィッチが弾いたボールをフェデリコ・キエーザが中央へ折り返す。最後はアルバロ・モラタがゴールネットを揺らしたが、これはオフサイドの判定。

 しかし13分、インテルは右サイドでボールを受けたニコロ・バレッラが左足でクロスを送ると、ゴール前でアルトゥーロ・ビダルが頭で合わせて押し込んだ。ビダルは古巣相手にうれしい今シーズン初ゴール。

 さらに23分、カウンターからロメル・ルカクが持ち上がって左足シュート。ユヴェントスGKヴォイチェフ・シュチェスニーはなんとか反応して防ぐ。こぼれ球にラウタロ・マルティノスが詰めたものの、崩れた体勢から放ったシュートは枠外へ。

 さらぶ38分にもバレッラが右サイドを持ち上がって中央へ送ると、エリア内でルカクが合わせる。しかし逆足の右足で放ったシュートに力はなく、シュチェスニーがキャッチした。

 ホームのインテルが優位を保ったまま1-0で前半を折り返した。

 後半に入り、先にネットを揺らしたのもそのインテル。52分、自陣からのロングボールにバレッラが反応し、そのまま右足で豪快に蹴り込んだ。

 ユヴェントスのピルロ監督はデヤン・クルゼフスキとフェデリコ・ベルナルデスキ、ウェストン・マケニーの3人を同時投入するなど打開を図る。

 終盤にかけてポゼッションを握り、キエーザが決定機を迎えたシーンもあったが、最後までハンダノヴィッチの守るゴールを割ることはできなかった。インテルが目論見通りにゲームを進め、2-0の勝利を手にした。

【スコア】
インテル 2ー0 ユヴェントス

【得点者】
13分 1-0 アルトゥーロ・ビダル(インテル
52分 2-0 ニコロ・バレッラ(インテル

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO