FOLLOW US

アタランタに激震…A・ゴメスが1月に退団か「出て行った時に真実がわかる」

アタランタのキャプテンを務めるアレハンドロ・ゴメス [写真]=Getty Images

 アタランタに所属しているアルゼンチン代表FWアレハンドロ・ゴメスが、クラブを率いるジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督と衝突し、冬の移籍市場でクラブを離れる可能性が高まっているようだ。

 事の発端は12月1日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第5節のミッティラン戦のことだった。同試合のハーフタイムでA・ゴメスとガスペリーニ監督が衝突し、A・ゴメスは前半限りでの交代を命じられた。衝突した理由は「ポジション修正による意見の食い違い」や「交代拒否」などと囁かれているが、それ以降両者の溝は深まっているという。A・ゴメスは9日に行われたCL・グループステージ第6節のアヤックス戦にはスタメンで出場していたが、13日に開催されたセリエA第11節のフィオレンティーナ戦ではピッチに立っていなかった。

 A・ゴメスは14日に自身のインスタグラムのストーリー機能を用いてコメントを投稿。「親愛なるアタランティーニ(アタランタのファン)の皆へ。僕は自分を守る術がこれしかないため、投稿をしている。僕がここを出て行った時に全ての真実がわかるだろう。それを伝えたかった。皆は僕のことをよく知っているはずだ。愛している。君たちのキャプテンより」と、退団を示唆するコメントを残した。加えて、『スカイスポーツ』のファブリツィオ・ロマーノ記者は、A・ゴメスが1月の移籍希望をクラブに伝えたと報じている。

 ガスペリーニ監督に率いられ、近年はセリエAで圧倒的な攻撃力を誇るチームへと成長したアタランタ。昨季はCLでベスト8まで進出すると、今季のCLでもグループステージを突破し、決勝トーナメント1回戦ではレアル・マドリードと対戦することが決まっていた。果たして、躍進の象徴でもある“カピターノ”のA・ゴメスは、冬の移籍市場でアタランタに別れを告げるのだろうか。去就に注目が集まっている。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO