FOLLOW US

ユーヴェ戦不出場のナポリ、控訴棄却を受け声明発表「あらゆる手段を講じる」

ナポリが声明を発表 [写真]=Getty Images

 ナポリは10日、クラブ公式サイト上に控訴準備についての声明を掲載した。

 ナポリは10月4日に開催予定だった第3節ユヴェントス戦の前に行われた2回の新型コロナウイルス検査の結果、選手に陽性反応が確認され、地元の保健当局から渡航禁止が命じられたとして試合を拒否し会場に現れなかった。

 セリエAのプロトコルでは、少なくとも10選手の陽性確認もしくは起用できる選手が13名を下回った場合のみに延期が認められているとされていたためリーグ側は延期の申請を拒否。さらに「申請が届いた時には、ナポリはすでに試合が翌日に行われることになっていたにもかかわらず、彼らのフライトとホテルの予約をキャンセルしていた」としてリーグはユヴェントスの3-0勝利扱い、さらにナポリの勝ち点1はく奪を決定。「試合に参加することは全く不可能とは言えず、制裁を受けるに値する。試合に至るまでの数日間の彼らの行動は、すでにプレーしないことを目指していたため、スポーツの基本的な原則、すなわち、公正、良識、誠実さに明らかに違反している」と発表していた。

 これを受けてナポリは裁判所に訴えでたが、「セリエAのプロトコルを無視し、保健当局に連絡して、取りやめる方向で動いていた」と判決を下し棄却。今回ナポリは公式サイトで以下のように声明を発表した。

ナポリは、裁判所の判決に留意し、スポーツ保証委員会への上告の準備を進めている。ナポリは、非常に明確な訴訟を無視してクラブの行為に容認できない影を落とし、地域の保健当局の仕事を委縮させる判決に完全に同意していない。ナポリは、常に忠誠心やスポーツのメリットなどの価値観を追求してきた。今回のケースでも、公衆衛生の尊重に向けた行動に重きをおき、ピッチで起こったことがサッカーの試合結果を決める唯一の審判であることを確実にするために、あらゆる手段を講じる」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO