FOLLOW US

ミランFWレビッチ、左ひじの脱臼が判明…セリエA次節は欠場へ

左ひじを脱臼したアンテ・レビッチ [写真]=Getty Images

 ミランに所属するクロアチア代表FWアンテ・レビッチの左ひじ脱臼が判明したようだ。27日、イタリアメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 ミランは27日、セリエA第2節でクロトーネと対戦。この試合に先発出場したレビッチは57分に左ひじを痛めて負傷交代し、その後病院で診断を受けた。その結果、脱臼していたということだ。

 症状は軽いため、回復までにそれほど時間はかからないとみられている。しかし、少なくとも、10月4日に行われるセリエA第3節のスペツィア戦では欠場が確実だという。復帰時期としては、10月17日に行われるセリエA第4節のインテル戦後だと見込まれている。

 ピオリ監督は試合後、レビッチについて「骨折ではないことを願おう。でないと回復に時間がかかってしまうからね」とコメントしていた。脱臼により回復期間が必要になるとはいえ、レビッチは重傷を負わずに済んだようだ。

セリエA観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA