FOLLOW US

「クリバリを155億円で売却しなかったのは間違い」…ナポリ会長が回顧

2020.09.04

ビッグクラブからの関心が報じられているクリバリ [写真]=Getty Images

 ナポリアウレリオ・デ・ラウレンティス会長が、同クラブに所属しているセネガル代表DFカリドゥ・クリバリを早い段階で売却しなかったことを後悔していると明かした。マンチェスター地元メディア『マンチェスター・イブニング・ニュース』が3日に伝えている。

 以前からクリバリにはプレミアリーグの強豪から熱視線が送られており、昨年夏にはマンチェスター・Cリヴァプールチェルシー、マンチェスター・Uなどが関心を示していた。ナポリには高額でのオファーが届いていたものの、これまでは移籍を認めず。しかし、ラウレンティス会長は以下のようにコメントし、今後設定金額を満たすオファーが届いた場合はどんな選手であっても売却を容認する姿勢を示している。

「これからクラブにとって重要なオファーが届いた場合は、選手全員を売却することになる。かつてクリバリに1億1000万ポンド(約155億円)でのオファーが届いた際に、彼を売却しなかったのは間違いだった。移籍市場の動き次第では、今夏にクリバリと(ポーランド代表FW)アルカディウシュ・ミリクという2人の優秀な選手を売却することになる。そうならなかった場合は、また来年の話だ」

 今夏もマンチェスター・Cがクリバリの獲得を画策しており、ミリクにはユヴェントストッテナムからの関心が報じられていた。ナポリはクリバリの後釜として、アーセナルに所属しているギリシャ代表DFソクラティス・パパスタソプーロス獲得に向けて動いている模様だ。

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

SOCCERKING VIDEO