FOLLOW US

ユーヴェ、バルサで苦境のスアレス獲得を狙う…C・ロナウドと強力コンビを結成?

クーマン監督の構想外となっているスアレス [写真]=Getty Images

 ユヴェントスは、バルセロナのウルグアイ代表FWルイス・スアレスの獲得を狙っているようだ。27日、イタリアメディア『スカイスポーツ』が報じている。

 ロナルド・クーマン監督の就任後、2014年から6シーズンに渡ってバルセロナで活躍を見せるスアレスはまさかの構想外に。本人はバルサへの愛着を持っており、ベンチスタートでも構わないという発言もしていたが、どうやらクーマン監督はスアレスをチームに迎え入れるつもりはないようだ。同クラブで公式戦通算209ゴール99アシストという記録を持つストライカーは、今夏新たなプレー先を探すことになるとみられている。

 そんな苦境に立たされるスアレスに白羽の矢を立てたのが、イタリア王者のユヴェントスだ。クラブは夏の移籍市場で新たなストライカーの獲得を目指しており、圧倒的な実績を誇る33歳のスアレスに目をつけた模様。障壁となるのは2025年まで残るバルセロナの長期契約だが、現在スアレスの代理人が契約解除に向けた交渉に動いており、これが成功すればユヴェントスにとって大きな追い風となる。

 アルゼンチン代表FWリオネル・メッシとは阿吽の呼吸で数々の名シーンを生み出したゴールハンター、スアレス。今度はイタリアの地で、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドとの強力なコンビを結成することになるかもしれない。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO

LIVE DATA