FOLLOW US

インテルは終盤の同点弾でローマと辛くもドロー…首位ユーヴェとの差を詰められず

デ・フライがヘディングで先制点を決めた [写真]=Getty Images

 19日、セリエA第34節が行われ、ローマインテルが対戦した。

 試合が動いたのは15分、FWアレクシス・サンチェスが蹴ったCKのボールを、ファーでDFステファン・デ・フライがヘディングで力強く叩きつけ、逆転優勝へ向け負けられないインテルが先制に成功する。

 一方のローマは45+1分、自陣でボールを拾ったMFヘンリク・ムヒタリアンがスピードに乗って縦へ運び、FWエディン・ジェコとのワンツーでエリア内に侵入。繋いだ球がDFレオナルド・スピナッツォーラへ渡ると、右足で股抜きのシュートを決め、ハーフタイムを目前にして同点に追いついた。

 後半に入っても勢いに乗るローマは57分、ムヒタリアンがまたしてもゴール前までドリブルで運ぶと、中央のジェコへラストパス。これはインテル守備陣が防ぐも、もつれたボールをムヒタリアンが再び押し込み逆転を果たした。

 その後は試合の主導権を握るもなかなか決定機を作るに至らないインテルは、終盤にラッキーな形でビッグチャンスを迎える。敵陣エリア内でFWヴィクター・モーゼスがプレスをかけると、ボールコントロールを誤ったスピナッツォーラがモーゼスを蹴ってしまいPKの判定に。これを途中出場のFWロメル・ルカクがきっちりと決め、87分に試合を振り出しに戻した。

 試合はこのまま2-2で終了。勝ち点1をなんとか拾う形となったインテルは、勝ち点3でユヴェントスにプレッシャーをかけることができず。一方のローマインテル攻撃陣をうまく抑え込んでいただけに、痛いドローとなってしまった。

 次節のセリエA第35節に、ローマはアウェイでSPALと、インテルはホームでフィオレンティーナと対戦する。

【スコア】
ローマ 2-2 インテル

【得点者】
0-1 15分 ステファン・デ・フライ(インテル
1-1 45+1分 レオナルド・スピナッツォーラ(ローマ
2-1 57分 ヘンリク・ムヒタリアン(ローマ
2-2 87分 ロメル・ルカク(インテル


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO