FOLLOW US

「頼みがある」…元カターニアDF、ロナウジーニョ氏からHT中に提案された“交換条件”とは?

カターニアでプレーしていたアルバレス(左)が、ロナウジーニョ氏(右)を回顧 [写真]=Getty Images

 かつてカターニアでプレーしていたアルゼンチン人DFパブロ・アルバレスが、ミランに所属していた元ブラジル代表のロナウジーニョ氏について言及した。26日に、スペイン紙『マルカ』が報じている。

 現在36歳のアルバレスは、2008年にカターニアへ加入。途中、ロサリオ・セントラルやサラゴサへのレンタル移籍を経験するも、セリエAで持ち前の激しい守備を武器にプレーした。

 アルバレスはカターニア時代、ロナウジーニョ氏がハーフタイム中に提案してきた“交換条件”を、今でも鮮明に覚えているという。

「『サン・シーロ』でのミラン戦のことだった。前半が終わり、僕たちはロッカールームに引き上げようとしていた。すると、トンネル内でロナウジーニョが近付いてきたんだ」

「彼はユニフォームを脱いで、僕にこう言った。『これを君のものにしてくれ。それで、一つ頼みがあるんだけど……。もう僕を殴らないでくれないかな』」

 ロナウジーニョ氏は、アルバレスに自身のユニフォームをプレゼントすることで、激しいマークをやめるよう懇願したという。もちろん、これはロナウジーニョ氏のユーモアあふれるジョークだったと思われるが、アルバレスが仕掛ける激しい接触プレーに閉口していたのも事実であるようだ。

「ロナウジーニョを止めるなんて不可能だった。彼は空中にいるようなものだったから。彼は間違いなく、サッカー史上最高の選手の一人だよ」と、アルバレスはブラジルの”魔術師”を称賛することも忘れなかった。

セリエA観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA