2019.02.18

ヴェンゲル氏、ラムジーのユーヴェ移籍を惜しむ「残念な一面もある」

ラムジー
ヴェンゲル氏はラムジーの退団を惜しんだ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ウェールズ代表MFアーロン・ラムジーユヴェントス移籍について、アーセン・ヴェンゲル氏がコメントを残している。18日にイギリスメディア『スカイスポーツ』が報じた。



 ラムジーは今シーズン限りでアーセナルとの契約が満了。すでにユヴェントスとは事前契約を締結しており、来シーズンからはイタリアでプレーすることが決定している。

 同選手は10年間ヴェンゲル氏の元でプレーし、ともに3度のFAカップ優勝を経験。そのうちの2度はラムジーの決勝点により大会優勝を収めている。

 ヴェンゲル氏はラムジーのイタリア移籍について次のようにコメントした。

「ラムジーにとってはとても興味深い話であり、面白い移籍になるだろう。しかし、アーセナルにとっては大きな損失であることも確かだ。そういった点では残念な一面もある」

「彼は攻撃センスに優れていて、中盤の深い位置からゴールシーンに絡むことができる選手だ。現在のサッカー界で彼のような動きができる選手は少ない。ユヴェントスにとってはとても良い選手が加入することになる」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
89pt
リヴァプール
88pt
トッテナム
70pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
80pt
アトレティコ・マドリード
71pt
レアル・マドリード
65pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る