FOLLOW US

ピョンテクはデビュー戦ゴールならず…ミランとナポリがスコアレスドロー

ミランでデビューを果たしたFWピョンテク [写真]=Getty Images

 セリエA第21節が27日に行われ、4位ミランと2位ナポリが対戦。ミランのホームで行われたこの試合は0-0のスコアレスドローで終わった。

 ミランは23日にポーランド代表FWクリシュトフ・ピョンテクをジェノアから獲得。今シーズン、ジェノアで公式戦21試合に出場して19得点を挙げているピョンテクに、新エースとして期待がかかる。この試合、スタメン起用とはならなかったもののベンチメンバーに名を連ねた。一方、ナポリは出場停止となっていたDFカリドゥ・クリバリとFWロレンツォ・インシーニェが復帰した。

 試合は6分、右サイドでフリーになっていたホセ・カジェホンに、インシーニェが左サイドからクロスを送る。カジェホンはこのパスにワンタッチでゴール右隅にシュート。しかし、ジャンルイジ・ドンナルンマが弾き先制点を挙げさせない。

 10分、ミランの”10番”ハカン・チャルハノールが、クリバリの裏に抜けたパトリック・クロトーネにスルーパス。クロトーネはペナルティエリア左からシュートを放つが、ゴール左に逸れる。スコアレスで一進一退の前半を折り返した。

 ミランは47分に絶好のチャンスを得る。ナポリDFがクロスを弾きそびれ、ゴール前でフランク・ケシエがこぼれ球を拾う。ケシエのゴール前からのシュートはDFに当たりゴールの上を通過した。

 68分、インシーニェのクロスにDFの裏を取ったカジェホンが反応。カジェホンはヘッドでゴールを狙うもGKが防ぐ。

 71分にミランはクロトーネに代えてピョンテクを投入。加入からわずか4日でのデビューとなった。

 ミランが78分にCKのチャンスを得ると、ピョンテクを起点にマテオ・ムサッキオがゴール前でボレーシュート。得点とはならなかったものの、ピョンテクは味方との好連携を見せた。

 スコアレスドローで試合は終了し、共に勝ち点「1」を獲得した。ミランは9勝8分4敗と勝ち点「35」でチャンピオンズリーグ出場圏内である4位に位置。ナポリは15勝3分3敗で勝ち点「48」で首位ユヴェントスとの勝ち点差は「8」となっている。

 30日、コッパ・イタリア準々決勝でミランナポリは再戦する。

【スコア】
ミラン 0-0 ナポリ

【スターティングメンバー】
ミラン(4-3-3)
ドンナルンマ;カラブリア、ロマニョーリ、ムサッキオ、ロドリゲス;バカヨコ、ケシエ、ルーカス(69分 ボリーニ);スソ、クロトーネ(71分 ピョンテク)、チャルハノール(90分 ラクサール)

ナポリ(4-4-2)
オスピナ;マルキュイ、クリバリ、アルビオル、M・ルイ(62分 グラム);カジェホン、F・ルイス、ジエリンスキ、インシーニェ(88分 ウナス);ミリク、メルテンス(80分 ヴェルディ)

セリエA観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA