FOLLOW US

ミラン、FWピョンテク獲得へ…レオナルドSDとジェノア会長の交渉が最終段階に

ミラン移籍が近づくピョンテク [写真]=Getty Images

 ミランジェノアのポーランド代表FWクリシュトフ・ピョンテクの獲得間近にせまっているようだ、18日、イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。

 ユヴェントスからローンで加入しているアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインがチェルシー移籍に近づいていることから、ミランは新たなFW獲得を目指していると報じられている。かねてからピョンテク獲得を目指していると伝えられており、今回の報道によると、すでにスポーツディレクターを務めるレオナルド氏とジェノアのエンリコ・プレツィオージ会長の交渉はほとんど詰まっており、最終段階に入っているという。

 同紙によると、ミランはフィナンシャル・フェア・プレー抵触を回避するため、移籍金を分割で支払う契約で交渉しているという。また、ピョンテクとも個人合意に至っているようだ。

 複数ビッグクラブが狙っているともいわれているピョンテクは、ミラン移籍が実現するのだろうか、注目が集まっている。

セリエA観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA