FOLLOW US

心臓の問題で休養していたミランDFがトレーニング復帰へ…19日に合流

クロアチア代表としてロシアW杯にも出場したストリニッチ [写真]=Getty Images

 ミランは15日、クロアチア代表DFイヴァン・ストリニッチがトレーニングに復帰することを発表した。同選手は今夏にミランへ加入したが、心臓の問題が発覚し、3カ月間休養していた。

 ストリニッチは、今年8月の定期健診で心臓に肥大が確認され、休養に入っていた。そしてこの度改めて検査を実施したところ、スポーツ活動に支障はないと診断された。そのため、同選手は19日よりトレーニングに復帰することが決まっている。

 現在31歳のストリニッチは、今年7月にフリートランスファーでサンプドリアからミランへ加入した。これまではナポリやハイドゥク・スプリト(クロアチア)などでプレー。クロアチア代表としても活躍を重ね、2018 FIFAワールドカップ ロシアでは7試合中6試合に出場し、同代表の決勝進出に貢献していた。

セリエA観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA