2018.10.14

36歳の“悪童”カッサーノ、現役引退を発表「自分の足に頼らずとも…」

アントニオ・カッサーノ
現役引退を発表したカッサーノ(写真は2016年のもの) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ローマやインテルで活躍した元イタリア代表FWアントニオ・カッサーノが、現役引退を表明した。ジャーナリストのピエルルイージ・パルド氏を通じて伝えている。

 現在36歳のカッサーノは、2017年7月に引退騒動などを経てエラス・ヴェローナ(セリエB)を退団してから無所属。現役続行には意欲的で、7日にセリエC(イタリア3部)のヴィルトゥス・エンテッラの練習に参加することが発表されていた。

 しかし、「数日間の練習で、俺には一貫してトレーニングを行う気持ちがないことに気がついた。サッカーをプレーするためには、情熱と才能が必要なんだ」と引退の理由をコメントした。

 また、「他にやるべきことが見つかった。ここから第2の人生が始まる。俺は好奇心が強いんだ。自分の足に頼らずとも、いいことができると証明していくよ」と前向きな姿勢を示した。

 カッサーノはバーリでプロデビューすると史上最高額の10代選手としてローマに移籍。レアル・マドリードやサンプドリア、ミラン、インテルで活躍。自由奔放な発言や行動で“悪童”としても知られていた。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
10pt
ボーンマス
10pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
10pt
シャルケ
10pt
ドルトムント
9pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
10pt
アトレティコ・マドリード
9pt
レアル・マドリード
8pt
欧州順位をもっと見る
インテル
9pt
ボローニャ
7pt
ユヴェントス
7pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング