2018.05.15

PSG、イグアイン獲得を画策も…ユーヴェGMは売却を完全否定

ゴンサロ・イグアイン
PSGからの関心が報じられたイグアイン [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 パリ・サンジェルマン(PSG)が、ユヴェントスに所属するアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインの獲得を画策しているようだ。スペイン紙『Sport』が14日付で報じている。

 PSGは現在、ウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニに退団の可能性が持ち上がっており、その代役としてイグアインの名前が浮上している模様だ。また、イグアインにはPSGだけでなく、プレミアリーグの複数のクラブが関心を持っていることも伝えられている。

 そんな状況の中、ユヴェントスのゼネラルマネージャー(GM)を務めるジュゼッペ・マロッタ氏は、イグアインが移籍市場の放出リストにないことを強調。同選手の売却が不可能であることを明言している。

 現在30歳のイグアインは、ユヴェントスに加入して2年目となる今シーズン、セリエAで34試合に出場し16得点を記録。チャンピオンズリーグでは10試合に出場し5得点を挙げている。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る