FOLLOW US

ウディネーゼ、オッド監督を解任か…“11連敗”後の練習に姿見せず

オッド監督の後任にはストラマッチョーニ氏の名が挙げられているようだ [写真]=Getty Images

 ウディネーゼのマッシモ・オッド監督の解任が決定的になっていることが分かった。イタリアメディア『Sky』が23日に報じた。

 オッドは、ルイジ・デル・ネーリ前監督の後任として昨年11月21日にウディネーゼの指揮官に就任。初采配となったナポリ戦には敗れたものの、第15節からは5連勝を記録するなど完全にチームを立て直したかに見えた。

 しかし、第24節のトリノ戦で黒星を喫すると、再び失速。22日に行われたクロトーネ戦にも敗れ、ついに11連敗を喫した。23日のトレーニングには姿を見せず、解任は確実なものとなっている。

 後任候補には、元インテル指揮官で、13-14シーズンにはウディネーゼを指揮したアンドレア・ストラマッチョーニ氏が挙がっている。今シーズンはチェコのスパルタ・プラハを指揮していたが、3月6日に解任されていた。他にも、元ヴェローナのアンドレア・マンドルリーニ氏も候補に浮上している。

セリエA観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA