2018.04.05

“ミラノ・ダービー”はドロー決着…両チームともオフサイド判定に泣きスコアレス

注目の“ミラノ・ダービー”はドロー決着 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 セリエA第27節延期分が4日に行われ、ミランインテルが対戦した。

 フィオレンティーナの主将DFダヴィデ・アストーリが逝去したことで延期となっていた第27節の“ミラノ・ダービー”。試合は先にミランがチャンスを迎えた。22分、左サイドからのFKでハカン・チャルハノールがゴールへ向かう絶妙なボールを送るが、これはGKサミール・ハンダノヴィッチの好セーブに阻まれる。

 対するインテルは38分、マウロ・イカルディがアントニオ・カンドレーヴァのスルーパスで抜け出して右足シュートを沈めたが、ビデオ判定の結果、オフサイドの判定でノーゴールとなった。

 後半に入ってインテルは56分、エリア内右に抜けたカンドレーヴァの折り返しを、中央フリーのイカルディが右足で合わせたが、痛恨のシュートミスで枠を捉えられない。65分にエリア内左へ抜け出したイヴァン・ペリシッチの鋭いクロスは、GKジャンルイジ・ドンナルンマに阻まれ、ゴールにはつながらなかった

 ミランは68分、フランク・ケシエが浮き球スルーパスを送ると、エリア内でDFの裏を抜け出したパトリック・クトローネがバイシクルシュートでゴール右隅に流し込むが、これもオフサイドの判定で今度はミランがゴールを認められなかった。

 インテルは後半アディショナルタイム3分、ゴール前に走り込んだイカルディが、右サイドからのクロスに足を懸命に伸ばして合わせるが、枠を捉えず。試合はこのままタイムアップを迎え、通算221試合目の“ミラノ・ダービー”はスコアレスドローで終わった。

 ミランは8日の第31節でサッスオーロをホームに迎え、インテルは同日にトリノとのアウェイゲームに臨む。

【スコア】
ミラン 0-0 インテル

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
6pt
アーセナル
6pt
レスター
5pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
6pt
フライブルク
6pt
レヴァークーゼン
6pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
6pt
オサスナ
4pt
レアル・マドリード
3pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
3pt
ミラン
0pt
アタランタ
0pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング